こんにちは!


ミシン販売・修理の大映ミシンです。


11/19(火)わかくさ・プラザで行われた
『なぜ、あの会社は成長しているのか?』の新井和宏様の講演の後のセミナー第2部で
みらプロの成果事例を発表させていただきました。


新井先生の講演の中で
『なぜこの企業はすこまでやるんだ』、『自分事化する』、『壁を取る』という話が
一番印象に残りました。


仕事をしていく中で、私も社員も心掛けたいですね。


~新井和宏様~
DSCN1569


~発表時の写真①~
1574159611224


~発表時の写真②~
1574153621748


~左からセキビズの松浦さん、ぶうめらんの北村さん、この度の講師の新井和宏先生、
アロマオブコナの河野さん、㈱大映の佐々木~
1574159614497


~みらプロセミナーのチラシ~
20191005_140551


セミナーでお話をしたことをブログにアップしておきます。


みらプロに参加したきっかけは、2017年12月に弊社に大問題が起きたことで、
数ヶ月後にみらプロを知る訳なのですが、本当に弊社にとって大問題が起きました。

 

というのは、弊社にとって販売項目の1つの軸がくずれそうな大問題が発生したからです。


 

大問題というのは、弊社の販売項目の1つの軸である家庭用ミシンの中古の
仕入れ先の方がお亡くなりになられ、家庭用ミシンの中古の仕入れ先が無くなってしまいました。

 


情けない話ですが、亡くなられた方からメインで家庭用ミシンの中古を
仕入させていただいていたので、家庭用ミシンの中古を仕入れる術(スベ)が
無くなってしまった訳です。

 

弊社に家庭用ミシンの中古をお求めに来るお客様も多くいらっしゃいましたし、
安価で程度が良い家庭用ミシンの中古だったら
大映ミシンに行けば買えるということが定着していたので、どうしたものか?
と考えている時に出会ったのがみらプロ活動と【子どもを明日につなぐ会】の代表の小野様でした。

 

2017年3月に3人目の子供が生まれてすぐに小野様と出会い、
いじめや不登校で悩んでいる子供を持つ親の会である
【子どもを明日につなぐ会】と何らかのコラボレーションが出来ないか?と考え始めました。

 

3人の子供を持つ親になったから、子どもを感じる仕事は出来ないか?という理由もありました。

 

この出会いで生まれたのが【寄付ミシンプロジェクト】になります。


~寄付ミシンプロジェクトのチラシ 表面~

 20190628_174824

~寄付ミシンプロジェクトのチラシ 裏面~
20190628_174834


寄付ミシンプロジェクトとは、思い入れがあって捨てるに捨てられない家庭用ミシンや
ご家庭で使わなくなった家庭用ミシンを弊社に寄付していただき、
整備をし、家庭用ミシンの中古として販売をし、
その売上の一部を【子どもを明日につなぐ会】に寄付するという活動です。

 

しかしながら、【寄付ミシンプロジェクト】を始めた2~3ヶ月間は、さっぱりでした。

 

地道にブログやFBやチラシでの広報活動で少しづつ成果が出始め、
2018年10月31日に中日新聞の中濃版に掲載いただいてから
北海道、宮城、福島、茨城、群馬、東京、千葉、静岡、愛知、三重、
和歌山、京都、大阪、鳥取、島根、広島といった遠方からも寄付していただくようになりました。

 

また、2019年の5月8日にも岐阜新聞の一面に掲載していただいたおかげで、
さらに全国からの寄付が増え、今では倉庫に整備待ちのミシンがたくさんあるのが現状です。


~中日新聞の中濃版に掲載 2018年10月31日~
1540947563828


~岐阜新聞の一面に掲載 2019年5月8日~

 岐阜新聞 一面掲載記事① 2019年5月8日

岐阜新聞 一面掲載記事② 2019年5月8日


この寄付ミシンプロジェクトのコンセプトがいじめや不登校などに悩む子供を持つ親の会である
【子どもを明日につなぐ会】に売り上げの一部を寄付するということなので、
賛同していただいた方が寄付していただいたミシンと一緒に手紙が入っていることもあります。


~いろいろな方からの手紙~

IMG_20190206_144549


20190716_094221

20190716_094607


この方たちは、弊社の寄付ミシンプロジェクトに賛同していただくと同時に、
思い入れがあったミシンを次の世代に繋げてほしいという思いがあります。


 

この方たちの思いを背負い整備し、販売、
【子ども明日につなぐ会】に売上の一部を寄付することに繋げていきたいと思いました。



 

今後は、このプロジェクト活動が学校の先生方や保護者の方にも理解をしていただき、
【学校】=【子どもを明日につなぐ会】=【大映】と
コラボレーション出来ればと思っております。



寄付ミシンプロジェクトも進化できれば良いと思っております。

 

最後にこの寄付ミシンプロジェクトを行うことで、色々な方のミシンへの思いが解りました。

手紙を添えてミシンを寄付していただく方は【寄付ミシンプロジェクト】と
【子どもを明日につなぐ会】に賛同していただいた方です。
この方達は少なからず社会貢献をしようとしています。
日本人に流れる善意の心というか、大袈裟かもしれませんがDNAレベルで
誰かの役に立ちたいと考えていると思います。
色々な社会貢献内容があると思いますが、
私はこの寄付ミシンプロジェクトを通じて【子どもを明日につなぐ会】、
その先にいる子供たちの助けになればと思っております。


 

それでは、今後も、寄付ミシンプロジェクトと【子どもを明日につなぐ会】を
よろしくお願い致します。

 


このような話をさせていただきました。


みらプロ活動に興味がある方は、関市役所の商工課まで連絡してください。


株式会社大映(大映ミシン)
🏣501-3214
住所:岐阜県関市貸上町52-1
TEL:0575-22-0705
FAX:0575-22-1698
携帯:090-5869-8555
メール:daiei@aqua.ocn.ne.jp
男性スタッフ:佐々木清隆
女性スタッフ:安田真美


営業時間:午前8:30〜午後6:00
休日・・・日曜日・祝祭日と第2土曜日
その他の休日・・・年末年始・G/W・お盆休みなど


株式会社大映ミシンの〖失敗しない海外進出!縫製工場進出サポート〗はこちら